-ステファン・ラドゥ (La Lazio siamo noi.it 01/12)
-アンチ・ユヴェントスはラツィオという見方は気に入っていますか?
「このまま続けられれば良いね。僕らは、きっとどこが相手でも戦うことができる。重要なのはユヴェントスの背後に留まり続けることだ」



-ゴールの嗅覚を手に入れましたね。
「トレーニング中から狙っていたんだ。ようやくゴールを決めることができたね」



-今までは、セットプレイの際には自陣で守備に備えてしました...
「これまではいつも自陣で守備に備えていたけれど、ペトコヴィッチ監督の指示で相手のエリア内に侵入することになったんだ」



-あなたが復帰してから、ラツィオは13試合でわずか3失点となっています。
「どうしてだろうね。きっと運が良いんだよ!」



-ペトコヴィッチがこのチームにもたらしたものは?
「ペトコヴィッチは結果をもたらした。これを継続できるよう望んでいるよ。重要なのは、グループが団結していることだね。僕らは一緒に数年の時間を過ごしているし、どんどん団結している」



-今年になってから、難しい時間はありましたか?
「大きな困難に陥っていた時期があったかはわからないね。この12,13試合は最高の時間を送ることができているし、過去の困難なんて忘れちゃったよ!(笑)」



-ラツィオのユニフォームのなかでの思い出深い瞬間、最も美しい瞬間は?
「毎日、フォルメッロに向かうことができて最高の日々さ。あと、二つのコッパを制覇したことかな」



-このユニフォームでの夢は?
「チャンピオンズ(CL)」



-あなたを最も困惑させたFWは?
「イブラヒモヴィッチはフィジカルがものすごく強かった。あと、僕のチームメイトたちも敵には回したくないくらい強いよ。フロッカーリと対戦したときには、2ゴール奪われたし!チャピオンズを逃してしまったのは彼のせいなんだよ!酷い話だよね!(冗談で笑いながら)」



-若手たち:オナツィ、ロッツィ、カヴァンダは成長していますか?
「彼らには試合でプレイする可能性があるし、重要な要素になることのできる才能があるよ。彼らには毎日アドバイスをしたり愛情を込めて頭を叩いたりしているよ!(笑)」



-順位表について、若干の夢を見ているのでは?
「何もないよ。順位表は見てもいないんだ。順位を見るのはすべてが終わってからだよ。シーズンの折り返し後もこの調子を保つことができれば、偉大な何かを達成することができるだろう」



-デルビーでのゴールは?
「決めることができたら良いね!」