・1999/00のラツィオのスクデット獲得時の監督エリクソン(La Lazio siamo noi.it)
「クラニョッティはチームのために大金を費やしていた。我々はもともと強かったが、彼が新たに別の選手を買うことでチームはさらに強くなっていった。彼にとっては、タイトルの獲得がなによりも重要だったようだね。彼は勝ちたがり、私に時間を与えようともしなかったよ。私たちはイタリアで最強のチームであり、おそらく欧州で見ても最高のチームだったと思うよ」
「選手たちは、勝利を手にするためには全ての試合でプレイすることはできないという事実を受け入れてくれた。だから、グループとの関係には何の問題もなかったね。シーズン前に選手たちへ説明をしたのだが、誰からも異論が出ることはなかったよ」
「シニョーリがチームに属することができなかったのは残念だった。彼はカピターノであり、ラツィオそのものだったからね。ただ、だからこそ彼をベンチに座らせることは非常に難しかったんだ。監督としてあのようにはしたくはなかったのだが、何かを変える必要性があることも確信していた。チームは強かったが長年勝てずにいて、スピリットを変える必要があったんだ」

 

 

・ラツィオがMagoとの契約を更新:ルイス・アルベルトが2025年までサイン(La Lazio siamo noi.it) 
共に生きる未来。“Mago(魔術師)”を管理するエージェント会社YouFirstSportsは今週の初めにラツィオと話し合いを行い、ルイス・アルベルトはラツィオへ“si”と返答した。ルイス・アルベルトの契約更新に関しては以前から疑念はなかったが、4日前の会談で全ての詳細が明確となり、決定的な合意が整えられることとなった。そして、ルイス・アルベルトは2025年6月までの新たな契約にサインをした。
これによりルイス・アルベルトの年俸は300万ユーロとなり、ボーナス次第では350万ユーロまで上昇する条件を手にすることとなる。正式発表は数日以内になされることになるだろう。