☆Pallotta氏(ローマ) (La Lazio siamo noi.it 11/10)
-「ロティートはおかしい人間だ」。



☆ワルテル・サバティーニDS(ローマ) (La Lazio siamo noi.it 11/10)
-「ローマはロマニスティだ。ローマは父から子供へ、家族からも信頼されている。ラツィアーリは非常に少ないし、彼らはローマに対するコンプレックスに苦しんでいる」。



☆イリ・ターレDS(La Lazio siamo noi.it 11/10)
-「(サラテについて)サラテに関する議論の余地はない。残念ながら、この2年間の彼のパフォーマンスは我々が期待していたものではなかったが、昨晩は大きな試合をしたし(パナシナイコス戦)、うまくかき回していたよ。彼がチームにとって重要な要素であることを示したことは、我々も嬉しく思っている。サラテはラツィオの財産だし、彼の状況は注意して追う必要がある。ただ、サラテが“サラテ”であるのならば、チームにとってポジティヴな要素になることは間違いないし、そうなれば我々にとっても喜ばしいことだ」。
-「(James Pallottaが“ロティートはおかしい人”と言ったことについて)同意するよ。彼がジョーク好きな人間であることは知っているからね」。
-「正直に言うと、私はローマのことはあまり意識していない。彼らには敬意を持っているし、偉大なチーム同士の戦いとなるが、我々はホームで戦うことと勝利することだけを考えているよ。ジャッロロッシが欧州で戦っていないことが、彼らの利点になるとは思わないね。すべてはメンタル面次第だ。我々は、到着したい場所に辿り着くための道を建設しなければならない」。
-「ラツィアーリは少なくてコンプレックスに苦しんでいる?多くてもうるさいだけだろう。我々のティフォージは、常にチームの傍にいた。この近年は特にね」。 
-「(ゼーマン監督について?)彼はデルビーの歴史の一部を作ってきた人間だ。両クラブの監督を務めたことがあるし、日曜日には、彼のハートの一部が少しだけラツィアーレになるのではないかな」。 



☆マルセロ・サラス(La Lazio siamo noi.it 11/10)
-「ビアンコチェレステでの日々は、ものすごい愛情と見事な時間だったし、ティフォージのことはいまも覚えているよ。いつの日かイタリアに帰りたい。たぶん、12月にはイタリアに行って、友人たちに挨拶するよ」。
-「(サバティーニDSの発言について)デルビーのスイッチを入れるための言葉だろうけれど、意味がわからないね。ローマはロマニスティよりもラツィアーレの方が多いし、ほとんどがビアンコチェレステだ。僕の時代はそうだったし、それはいまも変わっていないはずだよ。ローマのティフォージ、ラツィオのティフォージがいるけれど、ローマにはジャッロロッサよりも多くのラツィアーレがいる」。
-「日曜日の試合は見るつもりだよ。もちろん、forza Lazio...」。



☆Angelo Benedicto Sormani氏(元ローマ) (La Lazio siamo noi.it 11/10)
-「サラスの反論?私はサバティーニに同意だ。ローマ市はジャッロロッサだよ。ラツィアーリはいつも外野で、首都はローマ一色だ」。