・ディアキテ:ラツィオとの契約更新を拒絶、6月に移籍へ(La Lazio siamo noi.it 01/11)
-我々が入手した情報によると、ラツィオとディアキテ側は電話で接触し、ディアキテはラツィオとの契約は延長せず、6月にイタリアの首都から出発することになった。先日、ロティート会長はディアキテへの提示額を年俸75万ユーロからわずかに上昇させたものの、ディアキテ側は要求を100万ユーロから譲らなかった
-ディアキは、長い物語が終わったと考え、ラツィオから去ることを決意した。契約更新の拒絶は経済的な要因がすべてではなく、技術的な要因も影響したようだ。ディアキテは、自身、代理人、会長の三者による電話での話し合いの場で、新たな経験への願望を示している。
-ディアキテの移籍先の候補にはリヴァプール、インテル、ミラン、ユヴェントス、スパルタク・モスクワ、ゼニトなどが挙がっている。また、ジェノアやフィオレンティーナは技術的な補償によるラツィオとの交渉を即座に開始しようとしたが、ディアキテ側は6月にクラブと決別する意向にあるため、これらの解決策を拒否した。