☆サヴィーニ代理人(ディアキテの代理人) (La Lazio siamo noi.it 09/10)
-「1月にディアキテがユヴェントスへ?彼はコンテの構想には入っていない」。



☆クラウディオ・ロティート会長 (La Lazio siamo noi.it 09/12)
-「我々の守備陣は完璧だし、CBの駒は十分足りている。ディアキテが契約更新にサインするのならば、喜ばしいことだ。彼は私の子供のようなものだからね。でも、彼は我々のプロジェクトと一致しない年俸120万ユーロという条件を要求してきた。我々は、ボルドー、フィオレンティーナ、ロシア、イングランドのクラブが関心を寄せている彼に対して、70万ユーロを提示した」。 



☆サヴィーニ代理人(ディアキテの代理人) (La Lazio siamo noi.it 09/13) 
-「我々の要求は120万ユーロではなく、100万ユーロ+ボーナスだ。残念ながら、小さな距離が残り続けているよ」。
-「ラツィオは前に進みディアキテは後ろに下がっている?それは違う。ラツィオが75万ユーロ+ボーナスを提示したという話はメディアから知らされたんだ。繰り返すが、すべてが終わったわけではないし、すぐに終わりが訪れることはないだろう。ただ、このような状況が1月まで続くのであれば、我々はどのようなオファーも評価することになる」。 
-「我々を本当に危機に陥れた唯一のクラブはフィオレンティーナだった。経済的にもプロジェクト的にも魅力的なオファーだったし、2日間ほど考えたが、最終的には受け入れないことを選択した。理由は簡単だよ。本人は、ラツィオのことをイタリアにある4つの名門クラブの1つだと考えているからだ。だから、オファーを受け入れるとしたらインテル、ミラン、ユヴェントスという、もっと立派なクラブからのものだけになる。ユヴェントスもインテルも、これまではディアキテへの関心は示していない。ミランはメスバーとトレードしようとしていたが、両クラブの交渉は進まなかった」。 
-「ボッリエッロとのトレードのアイデアは、私が考えたものだ。ラツィオとローマの選手のトレードには誰ひとり成功していないから、その最初の一人になろうとしたんだけれどね。すべての始まりは、ハンガリーの選手についてサバティーニと交渉していたときだった。私はこのアイデアを提案し、サバティーニもこれを信じたんだ。でも、残念ながらすぐに消えてしまった」。
-「新たな会談はいつか?正確に言うことはできない」。 
-「ディアキテは完全にラツィオの選手だ。彼はグループに属しているし、近いうちに試合でも起用されることになると願っているよ。なぜカンピオナートに招集されていないのか?彼のケガはまだ完治していないから、テクニカル・スタッフはリスクを冒すことを避けたんだ。ただ、ELの登録メンバーから外れたのはテクニカルな選択ではく、クラブの選択だったし、残念に思っている」。