・マトゥザレム:ジェノアの関係者がオリンピコを訪問(La Lazio siamo noi.it 11/27)
-ジェノアのRino FoschiDSは、ラツィオvsジェノアが行われるオリンピコを訪れるようだ。ジェノアはマトゥザレムの獲得について接触すると見られている。
-なお、両クラブの間ではスクッリ、サラテ、Alexander Merkel、Juraj Kucka、グランクヴィストといった名前も触れられている。



・メルケルの獲得が浮上、ジェノアとの大型交渉を開始(La Lazio siamo noi.it 11/25)
-La Repubblica.itによると、ロティート会長はローマ-ジェノヴァ間での大型交渉を開始したようだ。
-Mediana:ラツィオは、中盤に変化を与えることのできる要素を必要としている。そこで、新たな名前としてジェノアのAlexander Merkel('92)が浮上した。一方で、ジェノアのデルネーリ監督はラツィオのマトゥザレムとスクッリを必要としている。
-Attacco:ジェノアとの大型交渉にはフロッカーリやサラテも含まれることになるかもしれない。このどちらかがジェノアに向かうことになった場合、交渉にはKuckaかグランクヴィストが絡む可能性もある。
-プレツィオージ会長(ジェノア):「現時点でメルカートの交渉を行うことは禁じられている。したがって、活動中の話は何もない。ただ、我々はマトゥザレム、フロッカーリ、サラテに興味を持っているよ」。
-Fabio Parisi代理人(メルケルの代理人):「ラツィオがメルケルを狙っている?私は何も知らない...メルカートはまだ開かれていないし、何かを話すにはまだ早いが、すべてはジェノアの意向次第だ」。



-クラウディオ・ロティート会長(La Lazio siamo noi.it11/28)
-「このチームはどこが相手であろうと、対等に戦う準備ができている」。
-「メルカート?我々は強くなるために買い物をしてきた。ジェノア?メルカートが開かれるのは1月だ。我々にはカンピオナートとカップ戦で競争できるだけの戦力が揃っている。譲渡できる選手がいれば、ジェノアに放出することもありえるだろう」。