-クラウディオ・ロティート会長 (La Lazio siamo noi.it 12/19)
-ディアキテについて:「私はディアキテをペスカーラから拾って、プリマヴェーラでプレイさせた。それから、監督が彼のことをトレーニングで見ようとしなかったときには、一定の給料がかかっていた彼のことを、まるで我が息子のように守ってきた。そして、足を骨折したときにも、契約を更新した。私は彼を抱きたかったからね。でも、1年半前から話し合っている契約更新について、彼はサインするために法外な条件を求めてきた。ビアーヴァ以上の条件を求めてきたんだよ」。
-ディアキテが再び考慮するのならば、ドアは開かれるのだろうか?「私はそのつもりだ。いつだって、私は息子の寓話に期待しているよ」。



・ディアキテがシエナ戦でスタメン出場へ、そして契約更新も...(La Lazio siamo noi.it 12/19)
-コッパ・イタリアのシエナ戦にて、ディアキテがスタメンで出場することになるかもしれない。“若きベテランラツィアーレ(ラツィオでの6年目を迎えている)”はペトコヴィッチ監督を決意させた。
-契約更新:ラツィオは再びテーブルに座る準備ができているようだ。現在、両者の関係はよそよそしいものではなくなり、空気には変化の気配が漂っている。最新の状況において、両者は接触し、再び接近しているのだ。雪解けへ向けた試み。新たな会談の約束や新たな条件提示はまだなされていないものの、正月前にはすべてが具体化することになるかもしれない。「私はカトリック信者だし、子供にはおおらかに振る舞う寓話を覚えている」。あるとき、ロティート会長はこのようにコメントした。“ハッピーエンド”への一筋の光か、それとも単なる願望か。ディアキテとラツィオにまつわる短編小説が完成する可能性は誰にも否定できない。



・ディアキテの契約更新状況 (La Lazio siamo noi.it 12/20)
-「ある朝、ディアキテが考えを変えるのならば、我々は彼を抱くつもりだ」。以前、ロティート会長はこのようにコメントした。ビアンコチェレスティとディアキテの氷河期が終わりに近づいているのは確かなのだろうか?数ヶ月に及ぶ技術的な選択による除外を経て、昨日シエナ戦でスタメン出場したことは、ポジティヴなサインを示していると言えるだろう。
-サヴィーニ代理人:「この数ヶ月苦しんでいた彼が、試合に出場できて満足しているよ。フィジカルコンディションを見れば、ピッチ上に戻るのは簡単なことだった。ペトコヴィッチの選択は技術的なものだった。きっと別の状況も影響していたはずだが、彼との間には正直な関係があったよ。今日、ピッチ上でディアキテの姿を見ることができて驚いている」。「我々は常にドアを開いていたし、ラツィオ側も同じようにドアは閉めていなかった。今日、ディアキテをピッチ上で見ることができて感謝しているし、これから話し合う機会も生まれてくるだろう。すぐに会談が約束されることもあり得るよ。私はクラブとは毎日のように接触しているし、話し合うチャンスはいつも存在している。我々とクラブの間には、経済的な食い違いがあっただけで、決して衝突はなかった。ラツィオ側は、ディアキテの要求があまりにも大きすぎると考えながら、彼らの条件を提案しただけなんだ」。「(昨日の試合で、ディアキテのラツィオでの出場歴が90試合となった点について)私は、100試合目を迎えることになると思っている」。「ディアキテの状況は明白だ。長い間プロジェクトと結婚することになるか、移籍金ゼロで出て行くことになるかのどちらかだよ。ジェノアに6ヶ月間レンタル移籍する?2,3日ほど考えたが、ジェノアのフォスキDSによってこの提案は除外された。この種の交渉は決して役に立つものではないし、そもそも我々の下には何もオファーは到着していないよ」。「(カヴァンダについて)ラツィオとの契約は2014年に満了するが、新たなディアキテ問題を引き起こすつもりは全くない。契約更新についてクラブ側とは話し合わなければならないが、まずは本人と話さなければいけないね」。