☆エディー・レヤ監督 記者会見(La Lazio siamo noi.it 9/20)
-「先日はたった4人だったのに、今日はどうしたものかね」(多くの記者が集まったことへの皮肉)。
-「何が起こったのか?君たちもすでに知っているだろうし、わざわざ迂闊に漏らす必要はない。多くの物事をハッキリさせるためにチーム、会長と共に会談を行った後、私はラツィオでの冒険を続けることに決めた。状況は簡単じゃないし、ローマで働くことはとても難しいから、不安もある。腐った膿もあるしね」。
-「サラテ?彼の保有権を持っているのは私ではないし、評価を下したのはクラブだ。すべての要因を知っている私からすれば、私に言われても不合理にしか感じないね。私が彼を考慮しなかったということ、私が彼に大して問題があると伝えたという話は事実じゃない。我々は常に彼を守ってきただろう。おそらく、彼は新たな刺激を見つける必要があったんだ。私は、彼が今シーズンのインテルで成功を収めると確信しているよ。彼のような選手には、刺激が必要だとわかっているからね。彼とのストーリーが、一部のティフォージと私の関係を悪化させたことに疑いはないが、私は彼の放出に際して決して何の後押しもしていない」。
-「私はナポリでも問題を抱えていた?ただ、あそこの人々には、人間としての常識があった。おそらく、これらの問題は私の性格によるものだろうし、私は決してティフォージからの同意は探していない。私はピッチ上の労働者としてクラブで働いているわけだし、友好は求めていないんだ。ただ、私が人から好かれる人間でないのは明らかだし、監督を批判することはカルチョの文化に属しているとも言えるが、必ずしもそれらが正しいとは思っていない」。