・レヤ監督:新たな記録設立へ(Gazzetta dello Sport)
-夏の時点では夢物語だったことが、現在は現実になろうとしている:ラツィオには首位をキープしたままローマデルビーを迎える可能性が存在している。
-これまで、ビアンコチェレステが首位に立った状態でローマデルビーを迎えたことは3回ほど。その3回中の2回のシーズンは、共にスクデットを獲得している。最初の出来事は1974年3月31日で、ラツィオは2-1でローマ相手に勝利し、その後スクデットを手に入れた。それ以降は1999年4月11日(ローマが3-1で勝利)、2000年11月21日(ローマが4-1で勝利)に首位でデルビーを戦った。



・ビアーヴァとの契約状況(Corriere dello Sportより一部抜粋)
-ラツィオのジュゼッペ・ビアーヴァは、カンピオナート序盤において最高のCBの一人と言えるパフォーマンスを披露している。そのビアーヴァとラツィオの契約は来年6月に満了を迎えることになっているが、両者には4月までに契約を2012年6月まで延長できるオプションが残っている。クラブ側はビアーヴァに満足しており、ジョカトーレとして、そして人間として高い評価を与えている。