・別れを告げたのはクローゼ?それともラツィオ?ロティートがオファーを提示しなかった理由(La Lazio siamo noi.it)
ラツィオが、チームで最も高齢であり、チームで最も高価な年俸を受け取っている選手を放出したことはミステリアスなことではない。38歳の選手に年俸250万ユーロを支払うという状況について、ロティートは過剰であると考えたようだ。現在、ラツィオはビリアに対してクローゼと同等の条件を用意しているほか、サンパオリが監督就任にsiと答えるのならば、クラブの給与負担額はさらに膨らむことになる。
つまり、クローゼの退団は単なる経済的問題にあったのだろうか?その通りだ。ロティートは、クローゼに対して引き続きチーム最高の年俸を提示する準備ができていなかったのである。ラツィオは現在もスポンサーが不在で、新シーズンは欧州杯の出場権もないため、大きな資金が転がり込むことはない。
ただ、クローゼは少なくともテーブルに座って会談することを望んでいたと見られている。会談を行っていたとしても、おそらく彼は減俸を受け入れることなく、国外へ新天地を求める結果を迎えていたことだろうが、少なくともお互いの立場は明確なものとなる。クローゼは、ラツィオからの提案があれば、快く内容を聞いたはずだ。これは、あと1,2年ほど彼をローマに滞在させることのできる余地が存在していたことを意味しているが、話し合いの機会があったとしても両者の結婚生活が継続される可能性は低かっただろう。