ーイリ・ターレDS(21:44)
ー「(フェリペ・アンデルソンについて)我々は様々な手段を試みたが、残念だ。合意に達してすべてがハッピーエンドになるべきだったのにね。50%を保有する会社と分割払いの面で合意が見つからず、複雑になってしまったんだ。合意は750ユーロの移籍金と将来の移籍の際の移籍金30%の支払いで整っていたんだけれどね」。「どうしてもっと締結できなかったのか?心残りだ。ただ、我々は既に8月のことを話している。我々は、チームのクオリティを上昇させることのできる力を持った選手で補強を行うクラブだし、交渉に時間が必要となるフェリペ・アンデルソンのような補強は一晩で決めることはできないんだ。この交渉は1月7日から開始したが、残念ながら決めるための時間がなかった」。「フェリペ・アンデルソンは多くのポジティブな要素をもたらしてくれる選手だが、我々の戦力は既に競争的だし、最後まで戦うことができるだろう。カンピオナートで3位、コッパ・イタリアで決勝に進出、ELで前進していることからもわかるはずだ」。
ー「ペレイリーニャには昨年の夏から興味を持っていた。当初、スポルティングは契約を延長する方針だったために我々のオファーを拒否したが、1月になってから合意してサインしたんだ。彼は右SBでも中盤でもプレイすることができる」。
ー「サラテ?良い結末を迎えることができなかったが、メルカートはまだ開かれているし、ハッピーエンドを迎える可能性もある(ディナモ・キエフなど)。真実と異なる話があるが、何の問題があったのかは彼の傍の人間しか知らないラツィオは選手の願望を満たすために価格を割引したりはしない彼に対して、我々は投資の面でも契約の面でも、ロティートがラツィオに来てから最も重要な交渉を行ったんだ。我々の要求を満たす条件ならば応じるが、そうでないのならば、彼には我々との契約を尊重する義務がある」。



ーサントスのOdilio Rodrigues副会長(22:15)
ー「ラツィオはフェリペ・アンデルソンに興味を持っていたが、我々は彼らのオファーには関心がなかった」。



・メルカート最終日:決まった移籍(現時点で確認できているもの)
ーカリーソ:インテルー6月までのレンタル(6月にラツィオと契約満了)
ーザウリ:ペスカーラー完全移籍
ースクッリ:ペスカーラーレンタル
ークレシェンツィ:ノチェリーナ→ヴィアレッジョー再レンタル