-ロリック・サナ (La Lazio siamo noi.it 01/16)
-スクデット争いについて
「美しいことだね。メンタル的にも環境的にも、クラブとティフォージは最高の時間を過ごしている。僕らはまだ何も成し遂げてはいないけれど、夢を見ながらティフォージからの支持を受けることはとても大きな意味を持つね」



-ロッカールームの空気はどうでしょう?
「僕らは競争的だし、ポジティヴな空気があるよ。僕らには多くの野心的な目標がある。人々も欧州の舞台で戦うラツィオに慣れてきた。僕らは信じて将来を見つめなければいけない」



-3バックについて
「代表でもプレイしたことがあるよ。フィジカルと経験が必要なポジションだ。ベッペ(ビアーヴァ)、ミカ(シアーニ)とプレイするのは簡単だよ。彼らの言いたいことはすぐに理解できるからね。僕は、例えるとデサイーのようだよね。ラツィオは僕にCBの適性があると考えたんだ。個人的には、試合に出場できれば満足だよ。新シーズンもラツィオのDFとしてプレイし続けたいと思っているけれど、別の選択肢(移籍)もあるかもしれないね」



-ペトコヴィッチについて
「チームが問題ないのは、監督のお陰だ。ミステルは常に選手のことを把握している。僕らとの間には大きな関係があるし、お互いに大きな敬意を持っているよ。監督は、僕ら全員が重要な要素だと感じさせてくれている」



-アタランタ戦にて、デニスがあなたのゴールを阻止した際は何を考えましたか?
「すごいプレイだったね。試合はまだ0-0だったし、ものすごく悔しかったよ。今シーズンはまだゴールを決めることができていないしね」



-デ・ルーカとシアーニの衝突の際は?
「デ・ルーカの方を守ろうとしたよ(笑)試合では誰も傷ついてほしくはないからね。試合は安定していたし、警告を受けるリスクも避ける必要があった。ミカは最高の人間だし、根拠なく怒ったりはしない。ただ、デ・ルーカも悪意のある行動をしたわけじゃないし、すぐに終わらせるのが一番だった」