-クラウディオ・ロティート会長 アタランタ戦後(La Lazio siamo noi.it 01/14)
-「フロッカーリは、意図的なハンドではないと保証した」。
-「アンチ-ユーヴェはラツィオ?我々は経験を得たことで、チームの潜在能力を発揮できるようになり、勝者のメンタリティを手に入れることができた。ラツィオがスクデットへ?我々はナポリのように競争的なチームだ。失速する時期も訪れるかもしれないが、この状態を保つことができれば重要な結果を得ることができるだろう」。
-「ランパード?新たに補強する選手は、我々のプロジェクトと経済性にマッチしなければならない。我々にはすでに強固となったグループがあるし、ランパードのような選手の年俸を支払うことは難しいよ」。



-ジュゼッペ・ビアーヴァ アタランタ戦後(La Lazio siamo noi.it 01/14)
-「ユーヴェのようなチームの背後を追っていることに満足しているけれど、カンピオナートはまだまだ長いし、目の前の試合だけに集中しなければいけない。僕らは、この2年の間に何が起こったのか、忘れていないよ」。
-「契約更新?僕はピッチ上で最善を尽くすだけだよ。僕が契約更新に値するのかどうかはクラブが考えることだ」。



-セルジオ・フロッカーリ アタランタ戦後(La Lazio siamo noi.it 01/14)
-「ゴールを喜ばなかったのはハンドのせいじゃない。僕はベルガモでプレイしたことがあったから、歓喜しなかったんだ。今日、チームに手を貸すことができて満足しているよ」。
-「(ハンドについて)腕は身体につけていたし、手に当たっていたのかどうかはわからないけれど、アシスタントは2mの場所から見ていたのだからね...」。
-「昨年の夏に僕が下した選択は大正解だった。ここに残って自分の可能性に賭けることにして、いまはとても幸せだよ」。



-グリエルモ・ステンダルド(アタランタ) ラツィオ戦後(La Lazio siamo noi.it 01/14)
-「(ラツィアーレの横断幕について)通常、このような歓迎は偉大な選手に対してだけ行われるものだし、全くの予想外だった。言葉では表すことのできない感情だよ。一生忘れることはないだろう。僕はローマに家を持っているし、僕のハートのカケラはここに残っている」。