-ウラジミール・ユーゴヴィッチ氏 (La Lazio siamo noi.it 12/15)
-「(1997/98のインテルとのUEFA杯決勝について)覚えているよ。僕らはインテルとの決勝戦の前に、コッパ・イタリア決勝ですべてを尽くしてミランに勝利した。それで、インテル戦のエネルギーはもう残っていなかったんだ」。
-「あのときのラツィオはまだ完成されてはいなかった。3つのカテゴリーで戦う戦力は揃っていなかったんだよ。あの翌年、ラツィオには多くの選手が到着し、ラツィオは多くの勝利を収めた。パリの決勝戦は、始まりに過ぎなかったんだ」。



-セバスティアン・ヴェロン氏 ローマを訪問(La Lazio saimo noi.it 12/14)
-「帰ってくることができて嬉しいよ。人々は、いつも俺のことを歓迎してくれた。思い出はとても多いし、本当に感謝している。6年振りにイタリアに戻ってくることができて興奮しているし、幸せだ」。
-「スクデットを取ったシーズンの後半戦のデルビーは、俺が愛情を持っている思い出の一つだ。ラツィオ-インテルの特別な思い出?スーペルコッパで4-3で勝った試合かな。多くのゴールが生まれた撃ち合いだったね。インテル時代で言うならば、ラツィオとの最初の試合だ(アドリアーノ、タラモンティがゴールを決めて1-1に終わった試合)。土曜日はスタジアムに向かうよ」。
-「(エストゥディアンテスの役員になったことについて)エストゥディアンテスで良い仕事ができたら良いね。監督?なりたいとは思っていないよ」。



-エルナン・クレスポ氏 (La Lazio siamo noi.it 12/13)
-「FWとして、セバ(ヴェロン)と一緒にプレイできたのはファンタスティックなことだった。彼とはパルマ、ラツィオで一緒にプレイしたけれど、彼のアシストのおかげで何度も簡単にゴールを決めることができたよ」。