☆サヴィーニ代理人(ディアキテの代理人) (La Lazio siamo noi.it 09/06)
「ELの登録リストから漏れたことはビックリしたが、シアーニ獲得の影響もあったのだろう。それから、当然ながら契約更新が実現していないことも絡んでいるはずだ。我々とクラブの間には、年俸について距離がある。我々は100万ユーロを求めているのだが、クラブ側は75万ユーロ+ボーナスを提示した」。
-「ロティートは『ディアキテはすでに別のクラブと合意している』と言った?我々は誰とも合意していない。ユヴェントスからの関心は本人にとって喜ばしいことだが、実際には何も接触はないし、どのクラブとも合意は存在しないよ。昨日はロシアのクラブの会長と直接話をしたが、我々にはロシアに行く意向はない」。
-「本人の状況?穏やかだよ。いまはまだフィジカルコンディションが万全ではないが、徐々に良くなっているし、試合に出るためにすべてを尽くしている。たとえ試合に出るチャンスがないとしても、少なくとも1月までは監督に自らの価値を示す努力を行うことになるだろう。そして、それからどうするべきか様子を見ることになる。我々に対して面白いプロジェクトを提示した唯一のクラブはフィオレンティーナだった。彼らは1月にも再び動くかもしれないね。ディアキテは、自分が求める条件を提示したクラブに在籍することを望んでいる」。
-「1年半前から契約更新を交渉していたというのは事実じゃない」。  
-「クラブとの関係?会長とは昨晩も話をしたし、関係は平常だ。契約更新の交渉が完全に終わったわけではないが、関係が最良のものだと言うこともできない。会長は短期間で問題を解決することを望んでいたから、失望しているんだ。このことは、私も理解している」。



・ディアキテ:ユヴェントスが1月の獲得に動く?(La Lazio siamo noi.it 09/09)
-「私にとって、ディアキテは戦力に属しているし、彼にはすべての選手と同じ権利と義務がある」。ペトコヴィッチ監督はこのように考えている。“レデスマとパンデフの除外は技術的な選択”と説明したバッラルディーニの記憶とは完全に異なる表現である。
-ただし、ディアキテの契約更新の解決は非常に遠い場所にあり、1月の移籍の可能性はますます高くなっている。Tuttojuve.comによると、ユヴェントスはディアキテの獲得に向けて200万ユーロ前後を費やす準備ができているようだ。