☆Pocetta代理人(チェッカレッリの代理人) (La Lazio siamo noi.it 08/23)
-「サレルノ行き?残念ならが、セコンダ・ディヴィジオーネ行きになってしまうからね。これは大きな問題だし、せめてC1が良い。本人も私の意見と全く同じだ。セリエBのクラブからのオファーもあるし、チェッカレッリが評価の高いカテゴリーでのプレイを望むのは当然のことだよ。サレルノは重要な場所だし、過小評価するつもりはないけれどね」。
-「チェッカレッリはトップチームには含まれず、個人トレーニングを強いられている。これは彼を所有しているラツィオにとっても、良い状況ではないよ。チェッカレッリがサレルニターナでプレイするにあたって、問題は何もない。でも、いまのプライオリティはセリエBの舞台なんだ。ターレDSとは数日前に会って話をした。そこで、チェッカレッリ自身の希望も伝えたよ。ターレは厳粛で知的な人間だ。すべての要素が満足できる合意が見つかることを望んでいるよ」。
-「(サレルニターナの監督)ガルデルシは、果たしてチェッカレッリのような特徴の選手を探しているのか?同僚からは、ボールを当てることのできるセンターフォワードを探していると耳にした。特徴的に、これはチェッカレッリとは全く違うよ」。