☆クラウディオ・ロティート会長 Cianiの加入プレゼンテーションより(La Lazio siamo noi.it 08/27)
-「ディアキテは完全に間違った姿勢をとっている。我々はまだ小さな少年だった彼をプリマウェーラに連れてきて、彼が骨折を負ったときにも契約を更新してきた。現在、彼は年俸120万ユーロを求めている。彼が、この状況をクラブに任せたいと考えているのならば、それは間違いだ。コラロフのように、我々に良い条件を提示するクラブを見つけなければならないんだよ。我々は彼に対して4つのチームを提案したが、彼はすべて拒絶した。おそらく、彼は一部のチームに向かうことができる場合のみ出て行きたいのだろう。正しくない姿勢だよ。イングランドもイタリアも彼はすべてを拒絶し、インテル、ミラン、ユーヴェのみを必要としているんだ。ラツィオは彼に対して3度契約をオファーしたが、ディアキは妥当な条件ではないと判断した」。



・FW:ロッキかサラテが去った場合にはAbdellaoue獲得へ(La Lazio siamo noi.it 08/27)
-Ciani:今日の17時にもフォルメッロに到着すると予想されている。契約は3年で、年俸は150万ユーロ。
-Abdellaoue:サラテにはガラタサライ、ロッキにはウディネーゼが興味を示している。どちらかの選手が移籍した場合、ラツィオはMohammed Abdellaoue獲得に動くことになるだろう。



☆Michael Ciani(ボルドー) (PSG戦後 La Lazio siamo noi.it 08/27)
-「ラツィオに行くことができて満足している。グランデなクラブだからね」。
-「僕の移籍は明日(今日)になると予想されている。まだ正式決定してはいないんだ。幸せだし、悲しくもあるね。欧州のトップクラブの一つに到着するという重要な経験を幸せに思っている。でも、このグループとこのスタッフの下を去るのは残念だし、悲しい」。



・サラテ:将来は不透明(La Lazio siamo noi.it 08/26)
-サラテのローマ残留の可能性は徐々に上昇しているが、メルカート閉鎖まではまだ1週間の時間が残されており、その間はなんでも起こりえるだろう。
-ロティート会長はハノーファーのMohammed Abdellaoueを獲得するために、サラテかフロッカーリのいずれかを放出することを望んでいるようだ。Repubblicaでは、サラテにはウクライナから700万ユーロのオファーが届いたと伝えられている。ラツィオ側はこのオファーは拒絶したものの、ウクライナのクラブが条件を引き上げることを決断すれば、新たな風景が開かれるかもしれない。



・ディアキテ:本人は他クラブへの移籍を拒絶(La Lazio siamo noi.it 08/26)
-手詰まりと混乱。契約更新に向けて、ディアキテは年俸100万ユーロ近い条件を求めており、年俸65万ユーロという提示額を譲らないロティート会長を苛立たせている。だが、ロティート会長はここにきて条件を75万ユーロまで引き上げることにしたようだ。
-サヴィーニ代理人:「額については話さないよ。すべてメディアが作り上げた話だ」。「我々に連絡をしてきたチームはトリノ、ボルドー、ジェノアだよ。すべてのチームはラツィオとも直接話をしている」。
-いくつかのニュースによると、ジェノア、ウェスト・ブロムウィッチはディアキテに対して年俸80万ユーロを提示し(ディアキテ側がラツィオに求めている額に近い条件)、パルマも経済的に豊かなオファーを出したようだ。しかし、ディアキテは届いたオファーをすべて拒絶し、フィオレンティーナやボルドーからの調査に関しても考慮する意向はないようだ。
-サヴィーニ代理人:「現時点では、新たな会談の予定はない。でも、電話では継続的に接触しているよ。パーセンテージを言うことはできない。契約は来年6月まで残っているし、交渉は8月31日以降も続くはずだ」。