☆リオネル・スカローニ (La Lazio siamo noi.it 03/07)
Sean Connery似のリオネル・スカローニは、フィオレンティーナ戦とデルビーの戦いにおいて完璧なパフォーマンスを見せた。カリスマ性、ポジショニング、厳しさ、経験をチームに注入した彼は、フェイスブックのラツィオオフィシャルで行われたデルビーのMVP投票の1位に輝いた:「この調査結果にはビックリしたな。マウリとかエルナネスみたいな決定的な選手じゃなくて、この俺が選ばれるなんてね。なかなかプレイできない時間が続いたあとに、デルビーであのようなパフォーマンスを見せることができて幸せだ。俺たちは良い仕事をし、最終的に勝利を収めた」。



-PKとなったシーンで、君は50m以上を一気に駆け抜けて行ったね。
「レフェリーに疑いを持ったんだ。彼は笛を吹くまで、判断するのにあまりにも時間をかけていたからね。俺に対する最初のイエローカードのシーンでも同じだった。あのシーンでは、俺はほとんど何もしていなかったのに、彼が近づいてきてね。何を見たのか、何のファウルがあったのか尋ねたよ。俺たちだけでなく、どのようなチームもあのような行動をするはずだ。それにしても、あの50m疾走は本当にメチャクチャ速く走れたなあ」 



-GKの退場についてはどう思う?
「GKにとっては良いことじゃないだろうね。彼らにとっては、あのようなシーンでボールを止める可能性が小さくなってしまうわけだから。規則がどれほど明白であろうと、俺からしたらイエローカードとPKで十分だったんじゃないかなと思うよ」



-デルビーでの試合は、君のキャリアにとって最高のパフォーマンスだったのでは?
「No、美しいパフォーマンスだったのは確かだけれどね。若い頃はもっと攻撃的だったけれど、いまは責任感が大きくなったね」



-君は、これがラツィオでの最後のシーズンになると言った。
「契約が満了するから、俺にとっては最後のデルビーになると言ったんだ。状況が変わるとは思わないし、俺にとってはこれが最後のシーズンとなるだろう。別の場所でキャリアを続けるのかどうかは、家族のことも含めて考えなきゃいけない。俺はここで満足しているし、ここに残りたいけれど、俺だけで決めることはできないんだ」


-キャリアを終えたらラツィオで働くのかな?
「そのことはクラブからも言われている。俺はまだカルチョをプレイしたいと思っているけれど、クラブ内で何かをするということにも好意を持っている。チームを率いたいっていう願望もあるよ。引退したら、クラブで働くことになると思う。ずっとカルチョだけをプレイしてきたから、他の道を歩む手段はわからないしね」



-ロッシ、バッラルディーニ、レヤ、それぞれの違いは?
「似ている点は簡単、3人ともとにかく戦術面に取り組んでいた。たとえどんなに“小さな”試合であろうとね。デリオ・ロッシは試合に向けて入念に準備をする知的な監督だった。選手とも常に完璧な関係を保っていたね。バッラルディーニとの時間は短かったけれど、彼も偉大な人間だったよ。彼もとにかく戦術に取り組んでいたけれど、俺たちは順応に苦しんでしまった。それから、レヤが到着してメンタル面が改善されて、3-5-2という完璧な形を見つけて素晴らしい6ヶ月間を送ることになった。彼はシーズンごとに正しい解決策を見つけてきたね」



-君にとってラツィオとは?
「俺はすべてのクラブに影響を与えてきた。ローマでは子供と犬が生まれたし、ラツィオは家族のようなものだな。10年を過ごしたラ・コルーニャには大きな愛情が残っているし、あそこは欧州の実家とも言える場所だけれど、ここにも俺のハートのカケラがある」 



-君は、ミラン戦の終盤にロッツィをデビューさせた。
「ロッツィを投入する前、ミステルは誰を投入するべきか、誰も交代させないべきか迷っていたようだった。その状況で、ルリッチがふくらはぎが攣りかけていることを伝えてきたんだ。そして、試合が残り2分で2-0という状況だったから、ロッツィをデビューさせることになった。ミラン相手のデビューは、彼の頭に永遠に残ることになるだろうね」



-君に対する賛辞はクウェートからも届いている。
「クウェートにも俺のティフォージがいるだなんて喜ばしいね。すべての人々に挨拶したいし、キャンプを張って会えたら最高なんだけれどね」



-デルビーでは緊張しなかった?
「普通の試合ではなかったけれど、俺はもっと重い試合もこなしてきた。アルゼンチン代表でW杯を戦って国歌を歌ったときは、立っていることもできなかったね。デルビーへの恐れはなかったよ。俺は自分を信じていたし、プレッシャーの面でも問題はなかった。34歳にもなってプレッシャーに苦しむことはないさ」