☆エディー・レヤ監督 (La Lazio siamo noi.it)
-「デルビーのことは、今週の始めからずっと話されているね。ティフォージとこの街について、私が何を話すべきかはもうわかっているよ。このような試合は、他には存在しない。首都にとって、本当に重要な試合だ」。
-「選手の不在にはもう慣れたよ。我々は、誰が出ても最大のモノを与える。私は、選手たちがすべてを与えてくれると信じている」。
-「コンコとラドゥは離脱している。昨日、状態をチェックしてみたが、彼らは出場しない」。
-「選手たちには、頭とハートを求めているよ。残念ながら、ローマに打撃を与えることのできる特徴を持ったルリッチは欠場となるが、我々は大きな強さを持ってローマと戦わなければならない。彼らを攻め立てて、我々のゴールに近づけないようにしたい」。
-「私にとって最後のデルビー?カルチョにおいては絶対は存在しないし、答えがnoであることを願っているよ。カンピオナート終了まではまだ3ヶ月あるし、関係を継続するのか決別するのかは様子を見る必要がある。でも、現在我々はデルビーのことだけを考えている」。
-「この試合はイタリアの中でも特に情熱のある戦いになる。もしも勝つことができれば、半年間は静かに過ごすことができる特異な試合だ。国際的にみても、最も重要なデルビーの一つだろう」。