☆ワルテル・サバティーニDS(ローマ) (La Lazio siamo noi.it)
-「私がラツィアーレであったことは揺るぎのない事実だ。これは、私の人生の歴史の一部だよ。ロマニスティに来たからといって、過去を否定するのは何の役にも立たない」。
-「ラツィオは、シセ、クローゼという決して若くはない偉大な選手を獲得するという重要な選択を下した。この二人には感銘を受けているよ。また、その他の補強選手も非常に信頼できる要素だね。唯一の賭けはルリッチだけだろう」。
-「私がラツィオにもたらした選手は、本当に数多く存在している。ステファノ・マウリを獲得したのが私であることは誇り高い気持ちだね。彼のパフォーマンスは喜ばしく思っているよ。彼は長年に渡って、補助の価値を意味している。ロッキとレデスマについても同じことが言えるね。彼らはロティートにとって最初の“波”だった。それと、ディアキテを獲得したことも名誉に思っている。まだ若く、非常に大きな改善の余地を持っていた彼の原価はとても低かったんだ。それから、コラロフに関してはスポーツにおける商業的な結果を立証することができたと言えるだろう」。
-「カリーソの獲得?良いGKだと信じて補強したのだが、振り返れば催眠にかかった子供のようだったね。あれは、私の責任だと思っている。ペルッツィが引退し、ペルッツィ自身がカリーソを後継者の一人だと話してくれたことで、催眠が始まったんだ。我々は、もはやカリーソ抜きではカルチョができないかのような感覚に陥ってしまっていた。そのために、我々はロリス(わずか200万ユーロほどと考慮されていた)獲得を破棄することに決めたんだ。ただ、カリーソはまだ若い。彼は強い選手だし、時間と共に復活すると信じているよ」。
-「リヒトシュタイナーとコラロフは素晴らしい補強だった。彼らは技術的にも経済的にも満足感を与えてくれたね。ラドゥについては、ディナモ・ブカレストと対戦した際に感銘を受けたんだ。デリオ(・ロッシ)も、あの試合で大きな印象を持ったようだよ」。
-「ラツィオ時代のデルビー?3-0、3-2で勝利した試合があるね。大事な思い出だよ。3-0で勝ったデルビーの裏話でもしようか。あのとき、クリスティアン・レデスマはティフォージからブーイングを浴び、対立していた。土曜日のデルビーに向けた最後の仕上げのトレーニング後、私はクリスティアンの隣に座って、こう語りかけたんだ。“心配するな。お前はいつかゴールに魚雷を叩き込み、オリンピコのすべての人々から拍手を送られる試合を行うことになるからな”ってね。その後のことは皆も知っているだろう」。
-「ロティートとの関係?今は疎遠になってしまった。残念ながら、彼は私に対して怒っているんだと思うよ。昨年、話し合いを行ったが、関係は冷え切ってしまったようだ」。