☆ヨハン・ベカーリ代理人(ラドゥの代理人) (Radio Manà Manà Sport 9/13)
-「ラドゥは生涯ラツィオだ。ラツィオにはルーマニアの大きな才能Alexeを加入させることができるかもしれない」。
-「ラドゥについて?ヒザの悩みのすべてが、少しでも早く解決するよう願っている。これが解決できれば、彼はラツィオにとって不可欠な軸となり、いずれはカピターノを務めることにもなるだろう。ステファンはラツィオをすごく気に入っていて、私に対して何度もローマでキャリアを終えたいということを話しているんだ」。
-「今年の夏、ラツィオはSapunaruに接近していたが、ポルトが多額の移籍金を求めたため実現しなかった。ラツィオの負債は今もまだ残っていて、ロティートはその支払いを続けている」。
-「ロティートとは終わりのない接触を続けているよ。現在は、ルーマニアの才能Alexeに関して、10-15日以内にラツィオからの呼び出しが届くかもしれない。彼はTorjieのようにU-21代表、A代表でプレイしている。身長は187cmで、我々は彼を見てベルカンプを思い出しているが、Alexeにはより強いフィジカルがある。彼はディナモ・ブカレストに所属していて、攻撃的なポジションならばどこでもプレイできるナンバー10だ。今の彼の価値は400万ユーロほどだし、ロティートにとっても狂気の沙汰ではないだろう」。 



・二つの背番号を持つマルケッティ(La Lazio siamo noi.it 9/12 一部抜粋)
-22 E 83:マルケッティはカンピオナートではナンバー22、ELではナンバー83を背負うこおとになった。
-守るべきもの:マルケッティには多くの守るべきものがある。彼の右腕には特別なタトゥーが彫られている:「6年前、致命的な事故に遭遇したときに誰かが僕のことを守ってくれた。だから、僕はAvestaのタトゥーを入れたんだ。この目で死を見てしまった瞬間のことは、永遠に心からは消えないだろう」。彼は、この事故で失った2人の友人の名前も腕に記している。「AndreaとFrancyは永遠に僕と一緒だ」。