・サラテ:太腿を痛め、ユヴェントス戦が微妙に(La Lazio siamo noi.it)
サラテは左太腿の問題によって本日のトレーニングに参加しなかった。この問題の状態は近日中に検査されることになっている。



・23日間で7試合:スタートはユヴェントス戦から(Il Messaggero)
ラツィオは9月13日から10月4日までの23日間に7試合をこなすことになっている。
そのため、若干の困難があるにも関わらず、除外されている選手を復帰させるという反響を呼ぶ決定がなされるかもしれない。たとえば、メルカート最終日にアルビーノレッフェ移籍を拒否したフィルマーニにはいくつかの可能性がある。ラツィオには、彼と同じタイプはブロッキしかいないのだ。



・バローニオ:ユヴェントス戦出場に希望(La Lazio siamo noi.it)
今朝、バローニオは太腿の検査を受けた。この検査結果では深い障害は見つからなかったが、まだ完治といえる状態にはないことが判明した。現在のところ、バローニオがユヴェントス戦のピッチに立つ希望はまだ残されている。