・サラテの交渉は今日にも終結へ
ロティート会長とアラブの経営陣は長い間話し合いを行っているが、交渉は今日にも完了するだろう。(Corriere dello Sport.it)



・サラテの交渉が終わったと明かすロティート会長:「すべて進んだ。私は約束を守る」
ラツィオはサラテを確保したようだ。ロティート会長によって...
カタールからの最新のニュースは以下の通りである...
Lalaziosiamonoi.itからの接触に応じたロティート会長は、進行中の交渉に関して、ラツィアーレの人々を安心させた...
「落ち着いてくれ、すべて問題ない!私は常に約束を守る...サラテのプレイを見た最初の2,3ヶ月で、私はサラテを買い取るとラツィアーレに話した...」。(La Lazio siamo noi.it)



☆デリオ・ロッシ監督 記者会見一部抜粋(La Lazio siamo noi.it)
−ロティート会長はサラテを完全に獲得するために交渉している。
「重要なクラブはベストな選手を残さなければいけない。彼は重要な選手だし、会長はサラテのためにすべてを試みなければならない。サラテには大きな才能がある。彼はここにやってきた時から大きく成長しているよ」(La Lazio siamo noi.it)



・サラテは1800万ユーロでラツィオへ
マウロ・サラテはまもなくラツィオの選手になる。ロティート会長はアル・サッドとの長い交渉を完了させようとしているのだ。SkySport24によると、ターレDS、ルッツィ氏と共にドーハを訪れているロティート会長は、1800万ユーロの2年分割払いという移籍金で合意に達したようである。(La Lazio siamo noi.it)



・アル・サッド側の要求次第では裁判に持ち込む可能性も
アル・サッドのフロント陣はサラテの移籍金をより高いものにしたがっている。彼らは、500万ユーロの上乗せを望んでいるのだ。しかしロティート会長には柔軟性はなかった。
アル・サッドに対しては少なくとも1つのクラブが、交渉が決裂することを望みながらより多くの移籍金を提示している。マンチェスター・シティである。この動きについて、ロティート会長は自らが結んだ約束に価値があると信じており、法的闘争に持ち込む準備もしている。戦うことも厭わない姿勢にあるラツィオは、数日以内に交渉を完了させることができると確信している。(Tempo)